「シングル」一覧

シングルサイズの設定があるベッドの一覧です。

 

一般的に一人用として広く知られているのはこのシングルサイズのベッド。
横幅はだいたい90cm~110cmで、大人が寝返りしても大丈夫なぐらいの広さになります。

 

お部屋が6畳以下であるワンルームや1人部屋など、ベッド以外のスペースも必要な場合はこのサイズがピッタリ。また、2台並べればキング(幅180cm)より広いワイドキングサイズでより大きく豪華に使うこともできます。離してツインとしても利用ができますね。

 
2台置きの注意点としては8畳以上のお部屋でないと扉やクローゼットの開け閉めが厳しくなると思われます。

一口に「シングルサイズ」と言っても幅が90cm~110cmほどでメーカーにより差がありますので、必ず設置する場所と購入を検討しているベッドの幅の寸法を測っておくことが大事です。またご自身の寝返りの幅を知っておく必要がありますね。
日本人の肩幅の平均は男性でおよそ45cm、女性はおよそ40cmです。大の字に寝ることを考えて、体の幅は男性で60cm、女性で50cm程度と考えると良いでしょう。平均的に計算すると、1人で寝る場合男性は100cm、女性は90cm程度のベッド幅が必要です。10cm違えばワンランクほどの違いを感じるでしょう。

 

さて、このシングルサイズ。広く一般的なこのサイズのベッドはベッドフレームがとても充実しています。
木のフレームや、い草を使ったフレーム、アイアンフレームなどなど…メーカーからも選べないほどの種類がたくさん。
布団を干すにもシングルサイズのものがやはり多いです。立ち回りのいいサイズですね。
しかしこちらもまたメーカーごとで数センチから10センチ以上の違いが出たりします。
特にネットショッピングでフレームやカバーを検討してるする際は何センチなのかをよく調べて購入してくださいね。

 

特に一人暮らしの多い今の時代、ワンルームでベッドを置くことも不思議ではありません。
部屋の雰囲気や印象もベッドによって大きく変わりますし、また、ベッドをバッチリキメることでとてもスタイリッシュになります。
また、かけ布団が羽毛なのか、綿なのかでも変わった印象になりますね。選んでいて楽しいベッドであると言えます。

 

注意点は1歳以上のお子さんと添い寝する場合。大人一人が寝て、可もなく不可もない大きさのシングルベッドは0歳児との添い寝はギリギリですがそれ以上の年齢になってくると危険です。そうなるとセミダブル以上のベッドがおすすめ。二人以上でベッドを使うときは無理せず大きなベッドの購入を検討してください。