「セミシングル」一覧

セミシングルの設定があるベッドの一覧です。

 

シングルベッドが横幅90cm~110cmの規格に対し、セミシングルは概ね80cm。もちろん基本的に一人用になります。
また、セミシングルが2つ並んだサイズがクイーンサイズになることを覚えておくと便利でしょう。

 

利用するかたの特徴は、小柄な方。寝相が悪くない、寝返りの少ない方。部屋が狭い方。また、2つ並べてクイーンサイズにしようという方です。

小柄で寝返りの幅が狭い方は大きなベッドを選ぶと部屋のスペースを無駄にしてしまいますので、「寝返りをうってもベッドに収まりきれるかた」はセミシングルが価格的にもお得になってきます。

 

大の字で寝て収まらない方はなかなか難しいサイズです。子供さんのベッドのサイズにはいいかもしれませんね。しかし、小柄でもとても寝相が悪かったりすると、セミシングルではベッドからはみ出てしまう可能性も。
寝ている間、どれだけ動いてるのかわかっておくと失敗もないでしょう。

 

また、ワンルームだったり子供部屋、家具が多い・・・などでベッドを置くスペースが充分に取れないお部屋の方にもセミシングルという選択があります。
10cm~20cmそこそこの違いですがこの違いはとても大きいです。

 

当然ながら寝返りを打てばはみ出てしまい、寝にくく思うこともあります。
どうしてもセミシングルにしなくてはいけないお部屋の場合はベッドから転落してしまったりするまえに、抱き枕などで土手を作ってみてもいいかもしれません。

 

二つ合わせたサイズで、なおかつのちに別々に使えるのがセミシングルを二つ合わせた形のクイーンサイズ。
例えばお母さんと、小さなお子さんやペットと一緒にベッドで寝る方など、2人とも小柄である場合はこの使い方もありです。
小さなお子さんとお母さんはお子さんが大きくなり、自分の部屋で寝ることを望み始めたら別々に離すこともできます。また、犬や猫などペットと同じベッドで寝たい方もこの幅だと狭くもなく、また広すぎることもなく快適に過ごせるサイズになるでしょう。

 

セミシングルはスペースを省きたい人にとってはとても有利なサイズになります。しかし、明らかにギリギリサイズだったり「寝にくいだろうな」と想像できる場合は無理をせず、シングルサイズを選択しておきましょう。睡眠の質を下げることは普段の生活の質も下げてしまうことになりかねないからです。